ボージョボー人形の結び方3

 ボージョボー人形の結び方の続きです。今回は、“恋愛”と“総合運”。

◆素敵なパートナーが見つかる
 男のボージョボー人形の右足と女のボージョボー人形の左足を結びます。

 なぜ足なんでしょう? 他の効果で手を使いすぎたからでしょうか? 足を出していたら“引っ掛ける”という感じはしますが。

◆浮気させない
 男の人に浮気されたくなかったら、男のボージョボー人形の左手・左足、右手・右足をそれぞれ結びます。

 これで手も足も出ませんって感じでしょうか。“願い”というより“のろ○”? わら人形とは違いますよ。信じ続けることが大切です。

◆幸せになる
 男の人形の左手と頭の上のヒモ、女の人形の左手と頭の上のヒモを結びます。自分の頭の上のヒモですよ。相手のヒモと結ぶのは間違いです。

 この結びは、可愛いですね。2人そろって、頭に手を乗せているような感じ。見てたら幸せな感じをしないでもないですね。

ボージョボー人形の結び方2

 ボージョボー人形の結び方は、いくつかあって、今回は、“お金”と“健康”。

◆金運を高くする
 強さを手に入れるためには、腕を組むように体の前で左右の手を結びますが、お金が欲しい時は、逆に背中の後ろで左右の手を結びます。

 結ぶのは、男性なら男のボージョボー人形の両手を、女性なら女のボージョボー人形の両手を結びます。男の人形と女の人形を結ぶわけではありません。

 強さのときは、腕組みのイメージがあったんですが、お金の場合はなんなんでしょう。余計なものには、手を出しませんって感じなのでしょうか。

 そういった心がけなら、お金が貯まるかもしれませんね。

◆健康運を高める
 これは、取り扱っているところによって異なります。

強さのところを健康と解釈している人もいれば、健康の結び方があると言っている人もいます。参考までに、掲載しておきますね。

 健康は、男の人形の右手と女の人形の左手、男の人形の左手と女の人形の右手を結ぶそうです。

 この方法だと、向き合った形と逆向きに向いた形の2通りがありますが、おそらく向き合ってでしょう。なんか、恋愛関係の雰囲気もありますが。

ボージョボー人形の結び方1

 ボージョボー人形は、手足を結び、“見えるところにつるして信じる”事によって願いをかなえるそうです。なので、ただ持っているだけではいけません。

 結び方と信じることが大切なのです。

 そして、現地の人によると「満月の夜に願いを込めながら結ぶといい」そうです。

 ボージョボー人形の効果や結び方は、地域によって若干異なるようですが、基本は「強さ」と「愛」と「お金」です。

◆強さが欲しい時
 ボージョボー人形は、2つを結ぶのでなければ、基本的に一方の手足を結んでいくそうです。男性の場合は男のボージョボー人形を、女性は女のボージョボー人形を結びます。

 ただ、男の人形のみって言ってる人もいるし、2つともやっていいって言ってる人がいたので、いろいろと試してみてください。言い伝えの地方によって異なるので、大体いいとは思います。

そして、強さ(パワー)が欲しい時は、人形の腕を体の前で結びます。

じゃあ、体の前でどうやって結べばいいんだよーって思うかもしれませんが、普通に1回結べばいいです。ゆるく結ぶ人もいれば、頑丈に結ぶ人もいます。

 間違っても、腕がちぎれそうなくらいきつく結ばないようにしましょう。